メリットの多い一棟マンション投資|仕組みを理解し収益アップ

ウーマン

安心して部屋を借りる

内観

安心して部屋を貸す、部屋を借りるという際に便利なのが家賃債務保証です。家賃債務保証は借り主が保証料を支払うことで滞納が発生した場合には、保証会社が代位弁済してくれるもので、保証人を用意しなくて良いメリットがあります。

Read More..

不動産投資のはじめかた

スーツの男性

長引く低金利と、日本特有の長寿社会の中、老後の私的年金として、不動産投資は安定収入が魅力ですが、最大のリスクは空室です。空室リスクへの備えは分散投資が有効、不動産への分散投資は、みんなで大家さんが効果的です。

Read More..

不動産投資の魅力とリスク

ビル

リスクを避けるために

一棟マンション投資は非常に大きな金額が動くため気軽に行うことは出来ません。しかしながら、上手く利用することによって、区分所有マンションの投資より得られるメリットが大きい場合もあります。それは相続される時です。相続される時、現金ではそのままの金額で相続税が計算されるのに対し、不動産の場合は不動産価格で計算されるため、購入価格より価値が下がるのが一般的です。そのため、より金額が大きい方が有利となるため、一棟マンション投資がより相続税対策として有効です。また、一棟マンション投資の場合、区分所有マンションと異なり敷地も所有することが出来るため老朽化のため建物を建て壊した後でも、土地のみを売ることも出来ます。

想定されるリスク

最初の購入額も区分所有マンション投資より、一棟マンション投資の方が高額ですが、維持費も一棟マンション投資の方が高額であることを忘れてはいけません。将来的な修繕は全て自分で行う必要があるため、修繕計画を立ててお金を自分で積み立てないといけません。また、現在賃貸物件の空室率の増加が問題となっています。これは、少子化が続く限り空室率は増加すると思われます。また、それに伴い、相場家賃の下落も考えられます。その他にも地震による倒壊のリスクも考えて置かなければなりません。以上のことより、様々なリスクが考えられるため、一棟マンション投資を行う場合は余裕を持った計画を立てた上で行うことが必要なのではないでしょうか。